部分矯正について|品川区で歯列矯正なら武蔵小山KT矯正歯科

新型コロナウイルス対策について

  • 土曜日・日曜日診療 (月2回ずつ休日診療)
  • 武蔵小山駅1分
  • 女性歯科医師在籍

マウスピース矯正

お問い合わせ・ご相談

  • 子供矯正/大人矯正
  • 無料相談実施中

03-6426-9688

東京都品川区小山3丁目15-1 武蔵小山ザ モール2階

部分矯正について

投稿日:2020年11月25日

カテゴリ:スタッフブログ

 部分矯正について

武蔵小山KT矯正歯科のブログをご覧いただき、ありがとうございます。

矯正歯科医の小幡です。

今回は部分矯正についてお話させていただきます。

 

部分矯正とは、矯正治療で上下全ての歯を動かしていくのではなく、前歯がでこぼこに並んでいたり、前歯の少々の隙間など、特に気になっている部分のみを治したり、比較的軽度な不正咬合を治していく治療になります。

また、補綴治療(被せ物や詰め物の治療、インプラント治療など)をするために部分的に歯を動かすこともあります。

 

部分矯正に用いる装置はマウスピース、ワイヤーなど、全体矯正の種類と同様なものがあります。

メリットとしては、歯並び全体を動かしていく本格矯正治療と比較して以下のようなことが挙げられます。

 ・気になる部分だけを治すことができる

 ・治療期間が短くて済む(約半年~1年程)

 ・治療の費用を抑えることができる

 ・装置をつける範囲が少ない(ワイヤー治療)

 

奥歯の咬み合わせがしっかりしていて、前歯の軽度なでこぼこであれば、部分矯正が適応となりますので、こちらからおすすめすることもあります。

また、一度矯正治療をして少し後戻りが出てしまった方にも適応となることがあります。

 

一方で、部分矯正にはデメリットもあります。

やはり部分的な治療になるので、歯並び全体を動かす治療とちがい

 ・しっかりとしたかみ合わせを作ることができない

 ・口元のでっぱりが気になる方や、抜歯を必要とするような症例、出っ歯、受け口、前歯が上下咬めないなどの症例には不向き

 

安易に部分治療をして、かみ合わせを崩してしまったり、納得のいかない結果が得られてしまったり、という場合もあります・・・。

矯正歯科医の診断のもと、矯正治療を行うことをお勧めします!

 

ご自身ではなかなか部分矯正で治せるかどうか、全体的な治療が必要かどうか判断がつきにくいと思いますので、部分矯正をしたいな、歯並びが気になる部分がある、という方はぜひ一度当院の矯正歯科医にご相談してください。

トップへ戻る