出っ歯の歯科矯正治療例|品川区で歯列矯正なら武蔵小山KT矯正歯科

新型コロナウイルス対策について

  • 土曜日・日曜日診療 (月2回ずつ休日診療)
  • 武蔵小山駅1分
  • 女性歯科医師在籍

マウスピース矯正

お問い合わせ・ご相談

  • 子供矯正/大人矯正
  • 無料相談実施中

03-6426-9688

東京都品川区小山3丁目15-1 武蔵小山ザ モール2階

出っ歯の歯科矯正治療例

上顎前突(出っ歯)の症状について

出っ歯

上の前歯や上顎が前に出ていたり、下顎が後ろに位置している状態が上顎前突(出っ歯)と呼ばれる歯列です。前歯が咬み合わないため、適切な咀嚼ができず胃腸などの消化器に大きな負担がかかります。また、前歯が前方に出ていることによる審美性の低下や衝突・転倒による損傷リスクが高いことが特徴です。

上顎前突(出っ歯)は奥歯を失いやすく・顎関節症リスクが高くなる

顎関節症上顎前突(出っ歯)は前歯が正常に咬み合わず機能しないため、奥歯の使用頻度が高くなり、負担が大きくなります。そのため、将来的に奥歯を失う可能性が高くなってしまいます。

奥歯を失うと咀嚼効率の低下はもちろん、食べ物を正しい位置で噛めなくなる場合があり、顎骨への負担が大きくなるため、顎関節症のリスクが高くなります。

上顎前突(出っ歯)虫歯や歯周病になりやすい

虫歯や歯周病上顎前突(出っ歯)は、意識しないとお口を閉じれない場合があります。特に、無意識状態の就寝時にはお口が開いたままとなり、口腔内が乾燥しやすくなります。

私たちの唾液には、細菌の活動を抑制したり、歯の表面を修復(再石灰化)したりする働きがあります。そのため、口腔内が乾燥すると唾液の効果が弱まり、口臭の発生をはじめ、虫歯や歯周病になりやすくなります。

上顎前突(出っ歯)は前歯の損傷・欠損リスクが高い

損傷・欠損リスク上顎前突(出っ歯)の方は、正常な歯並びの方に比べて衝突や転倒などの事故で前歯を傷つけたり、折ったりする可能性が約50%も高いといわれています。

損傷や破折した歯は状態にもよりますが、多くの場合神経を抜くことになるため、将来的な抜歯リスクも高めてしまいます。

※損傷の状態が著しい場合には抜歯となる場合もあります。

上顎前突(出っ歯)による見た目の問題(審美障害)

審美障害上顎前突(出っ歯)は前歯が前方に出ているため、横から見た顔貌のバランスが悪かったり、笑った際に歯茎が目立ったりします。

さらに、唇が閉じにくくお口が常に開いているため、それらがコンプレックスになる方も少なくありません。笑う時に口元を隠したり、内向的になったりなど、性格形成や精神面への影響も問題となります。

上顎前突(出っ歯)の基本的な治療法

前歯の傾斜などが原因で上顎前突(出っ歯)になっている場合には、前歯数本の部分矯正で改善できる場合もあります。上顎が大きい場合には、全顎的な矯正によって歯と歯茎を舌側に引っ込めていきます。歯は歯肉の上にある「歯冠」と骨の中にある「歯根」という2つの部位があります。矯正で歯を動かす際、骨の中にある歯根の移動は遅く、2つの部位の移動には多少の時差が生まれるため、一時的に上顎前突(出っ歯)の症状が悪化したように見える場合があります。

上顎前突(出っ歯)の矯正治療の期間と抜歯について

上顎前突(出っ歯)は前方に出た歯を舌側に移動させる際、スペースを得るために高い確率で抜歯が必要となります。しかし、当院ではインプラント矯正をはじめ、さまざまな非抜歯矯正を実施しておりますので、症例によっては歯を抜かず、さらに治療期間の短縮が見込めます。抜歯の有無や症例によって多少の変動がありますが、およそ半年~1年半程で前歯の歯並びが改善されます。

その後は、全体的な咬み合わせ・歯並びの調整を半年~1年程行うため、1年~2年半が治療期間の目安となります。また、上顎前突(出っ歯)の矯正治療後は歯の後戻りを防止するため、リテーナーを使用して歯の保定を行います。

上顎前突(出っ歯)の治療例(Before&After)と解説

上顎前突(出っ歯)の矯正治療例(10代女性・治療期間3年3ヵ月)

上顎前突(出っ歯)の矯正治療例

年齢・性別 10代女性
治療期間 3年3ヵ月
抜歯 上下左右一本ずつと上の左右の奥歯抜歯
治療費 95万円(税別)
リスク・注意点 ・矯正治療後は保定をしなければ後戻りする可能性がある
・歯の移動に伴う痛みを感じる場合がある など
備考 親知らずを利用

10代の女性です。上の歯の突出感と上下の歯の凸凹を気にされて来院されました。分析の結果、上下左右の歯を一本ずつ抜歯を行いました。上下の凸凹をとるだけだと出っ歯が残るため、アンカースクリュー(ネジ)を上の顎にいれて、全体的に後ろに下げるプランと追加で上の左右の奥歯を抜くことによって前歯を下げるプランを提示したところ、患者様はアンカースクリューを打つよりも、奥歯を抜くことのほうが抵抗がないということで後者を選択していただきました。上の奥歯を抜く場合、親知らずを使用することになるので、親知らずが生えるのをまつために治療期間が長くなりましたが、かなり出っ歯な感じは改善され、ご本人もゴムの使用をかなり頑張っていただいた為、治療目標を達成することができました。

上顎前突(出っ歯)の矯正治療例(20代女性・治療期間3年8ヵ月)

上顎前突(出っ歯)の矯正治療例

年齢・性別 20代女性
治療期間 3年8ヵ月
抜歯 上の左右一本ずつ
治療費 95万円(税別)
リスク・注意点 ・矯正治療後は保定をしなければ後戻りする可能性がある
・歯の移動に伴う痛みを感じる場合がある など
備考 ミニプレート使用

20代の女性です。上の歯の突出感を気にされて来院されました。分析の結果、上の左右の歯を一本ずつ抜歯を行いました。上の前の突出感を完全に取りきるため、アンカースクリュー(ネジ)の使用を考えましたが、解剖学的に使用が出来なかったため、ミニプレートをいれました。結果として、上の前歯は理想的な位置まで引っ込めることができ、唇も閉じやすくなりました。上の歯だけを抜く場合、下の歯の凸凹をとる際に下の歯を唇側に倒さざるを得ないことがありますが、今回の場合は歯にやすりがけを行い、全体的な歯の接触点を0.2~0.5mm程度削ることにより改善しました。

武蔵小山で出っ歯の矯正治療をご検討中の方は無料相談へ

出っ歯の矯正治療

武蔵小山KT矯正歯科では、矯正担当医が出っ歯(上顎前突)の矯正治療を実施いたします。当院では、患者さまが理解を深め、矯正治療に専念していただけるよう、口腔内写真撮影・レントゲン写真撮影・3Dシミュレーションによる歯の動きの確認を含む矯正無料相談やセカンドオピニオンを実施しております。患者さまに適した装置をはじめ、費用や治療期間についても詳しくご説明いたしますので、武蔵小山にて出っ歯(上顎前突)の矯正治療をご検討中の方はぜひ、当院までお気軽にご相談ください。

トップへ戻る