八重歯・叢生の歯科矯正治療例|品川区で歯列矯正なら武蔵小山KT矯正歯科

新型コロナウイルス対策について

  • 土曜日・日曜日診療 (月2回ずつ休日診療)
  • 武蔵小山駅1分
  • 女性歯科医師在籍

マウスピース矯正

お問い合わせ・ご相談

  • 子供矯正/大人矯正
  • 無料相談実施中

03-6426-9688

東京都品川区小山3丁目15-1 武蔵小山ザ モール2階

八重歯・叢生の歯科矯正治療例

八重歯・叢生(凸凹の歯並び)の症状について

八重歯・叢生

八重歯をはじめ、歯がばらばらに生えている歯列を叢生(そうせい)といいます。叢生は、矯正治療を受ける方の中でも1番多い歯並びで、多くの方が悩まされています。顎骨のスペースと歯のサイズが釣り合わず、永久歯が場所を取り合って生えるため、歯列が乱れてしまいます。歯が重なり合ったり、ばらばらに生えたりしているため、歯磨きが適切に行えないことや見た目が悪いことなどが問題となります。

八重歯・叢生は虫歯リスクが高い

虫歯歯がばらばらに生えて、部分的に重なり合っている叢生は、食事の際に食べ物が挟まりやすくなります。さらに、歯並びが不揃いなことにより、ブラッシングが隅々までしっかりと行われず、口腔内を衛生的に保つことができないため、口臭の発生や虫歯のリスクを高めてしまいます。

虫歯治療を行なっても、再発する可能性も高いので治療自体が長引く原因にもなります。

八重歯・叢生は歯を失う可能性が高い

歯を失う八重歯・叢生は、汚れが溜まりやすい上に適切な歯磨きが難しいため、歯周病にもなりやすい傾向があります。歯周病は現在、成人が歯を失う1番の原因ですので、歯周病のリスクが高くなるということは、必然的に将来の抜歯リスクも高くなってしまいます。

さらに、歯周病は近年の研究により、心筋梗塞をはじめ、脳梗塞、糖尿病、早産などさまざまな疾患とも深い関係があることが明らかになっていますので、注意が必要です。

審美性の問題

審美性八重歯・叢生の方が1番多く悩まされているのは、ばらばらに生えて見栄えの悪い見た目です。笑う際に口元を手で覆ったり、顔が俯きがちになったりなど、性格の形成にも大きな影響を及ぼします。

さらに、歯科先進国などの諸外国では、歯並びは身だしなみの一つとも考えられているため、歯並びが悪い成人は「自己管理ができていない」とマイナスなイメージを抱かれる可能性もあります。

八重歯・叢生の基本的な治療法

八重歯・叢生の治療では、先ずは歯を適切な位置へ並べていきます。症状が重症の場合には、先に側面の歯列を整えながら、前歯部分の歯を収めるスペースを確保した後、最終的に前歯の歯並び・咬み合わせを整えます。八重歯・叢生は多くの場合、抜歯が必要となりますが、インプラント矯正やさまざまな非抜歯矯正法を駆使して、できるだけ歯を抜かない矯正を心がけています。

矯正治療に必要な期間は症例によって変動しますが、1年~2.5年程がおよその目安となります。矯正治療後は歯の後戻りを防止するため、リテーナーを使用して歯の保定を行います。

八重歯・叢生(凸凹の歯並び)の治療例(Before&After)と解説

八重歯・叢生(凸凹の歯並び)の矯正治療例(20代女性・治療期間2年)

八重歯・叢生(凸凹の歯並び)の矯正治療例

年齢・性別 20代女性
治療期間 2年
抜歯 上下左右一本ずつ
治療費 95万円(税別)
リスク・注意点 ・矯正治療後は保定をしなければ後戻りする可能性がある
・歯の移動に伴う痛みを感じる場合がある など
備考 アンカースクリュー使用

20代の女性です。上下の凸凹を気にされて来院されました。分析の結果、上下の左右の歯を一本ずつ抜歯を行いました。奥歯のかみ合わせを改善し、横顔を良好にするために、アンカースクリュー(ネジ)を使用しました。アンカースクリューを用いたおかげで、口元や歯の傾きの改善がかなり理想的な位置に変化することができ、顎間ゴムの使用もせずに効率的な治療が行えました。患者様も治療途中から口が閉じやすくなり、大変喜んでいただけました。

八重歯・叢生(凸凹の歯並び)の矯正治療例(20代女性・治療期間2年5ヵ月)

八重歯・叢生(凸凹の歯並び)の矯正治療例

年齢・性別 20代女性
治療期間 2年5ヵ月
抜歯 上下左右一本ずつ
治療費 95万円(税別)
リスク・注意点 ・矯正治療後は保定をしなければ後戻りする可能性がある
・歯の移動に伴う痛みを感じる場合がある
・アンカースクリューが骨質的に合わないこともある など
備考 アンカースクリュー脱落、銀歯のサイズ

20代の女性です。上下の凸凹を気にされて来院されました。分析の結果、上下の左右の歯を一本ずつ抜歯を行いました。奥歯のかみ合わせを改善し、横顔を良好にするために、アンカースクリュー(ネジ)の使用を検討しましたが、二度脱落してしまったため、裏側につける装置と顎間ゴムで治療を行うことにしました。奥歯に入っている銀歯のサイズが小さいものが多く、奥歯のかみ合わせの調整に苦労しましたが、患者様も顎間ゴムを頑張っていただき、良好な結果となりました。銀歯に関して理想的な大きさのものに変えることも提案しましたが、相談の上現状のままで仕上げていくことにしました。

八重歯・叢生(凸凹の歯並び)の矯正治療例(10代男性・治療期間2年1ヵ月)

八重歯・叢生(凸凹の歯並び)の矯正治療例

年齢・性別 10代男性
治療期間 2年1ヵ月
抜歯 上下左右一本ずつ
治療費 95万円(税別)
リスク・注意点 ・矯正治療後は保定をしなければ後戻りする可能性がある
・歯の移動に伴う痛みを感じる場合がある など
備考 特になし

10代の男性です。八重歯と前歯の隙間を気にされて来院されました。分析の結果、上下の左右の歯を一本ずつ抜歯を行いました。奥歯のかみ合わせの改善のため、スクリュー(ネジ)を使用し、非抜歯で行うプランと上の左右の歯を一本ずつ抜くプラン、上下左右一本ずつ抜歯するプランを提示させていただきました。仕上がりの良さと、治療期間の速さから上下左右の歯を一本ずつ抜くプランで治療をしていくこととなりました。元々そこまで口元が出てなかったことと、奥歯のかみ合わせを改善するために下の歯は通常抜く歯の一つ奥の歯を抜きました。結果として口元も理想的な位置になり、凸凹も改善されました。

その他の叢生・八重歯の矯正治療例はこちらから

武蔵小山で八重歯・叢生の矯正治療をご検討中の方は無料相談へ

八重歯・叢生の矯正治療

武蔵小山KT矯正歯科では、矯正担当医が八重歯・叢生の矯正治療を実施いたします。当院では、患者さまが理解を深め、矯正治療に専念していただけるよう、口腔内写真撮影・レントゲン写真撮影・3Dシミュレーションによる歯の動きの確認を含む矯正無料相談やセカンドオピニオンを実施しております。患者さまに適した装置をはじめ、費用や治療期間についても詳しくご説明いたしますので、武蔵小山にて八重歯・叢生の矯正治療をご検討中の方はぜひ、当院までお気軽にご相談ください。

トップへ戻る