マウスピース矯正(インビザライン)|品川区で歯列矯正なら武蔵小山KT矯正歯科

新型コロナウイルス対策について

  • 土曜日・日曜日診療 (月2回ずつ休日診療)
  • 武蔵小山駅1分
  • 女性歯科医師在籍

マウスピース矯正

お問い合わせ・ご相談

  • 子供矯正/大人矯正
  • 無料相談実施中

03-6426-9688

東京都品川区小山3丁目15-1 武蔵小山ザ モール2階

マウスピース矯正(インビザライン)

武蔵小山KT矯正歯科おすすめマウスピース型矯正インビザライン

マウスピース矯正

武蔵小山KT矯正歯科では、透明なマウスピース型矯正装置「インビザライン」による歯列・咬み合わせの改善をご提案しております。これまで矯正装置の見た目が理由で矯正治療に踏み出せなかった方にも大変おすすめの装置となっています。審美性に配慮した矯正治療をご検討中の方はぜひ、当院の無料矯正相談をご活用ください。

マウスピース型矯正装置「インビザライン」のおすすめポイント

マウスピース型矯正装置インビザラインは、世界100カ国以上の国々で多くの方々に使用されています。これまでの矯正治療で大きな悩みとされていた見た目の問題をはじめ、どなたにも気軽に始めていただけるようなさまざま特徴がございます。

目立ちづらい

透明

矯正治療に使用する装置は薄型で透明なマウスピースですので、周囲にほとんど気づかれることなく歯並び・咬み合わせの改善が行えます。接客業の方などに特におすすめです。

装置を取り外せる

装置を取り外せる

マウスピース型の装置ですので歯磨きや食事の際には、簡単に取り外すことができます。ブラッシングが隅々までしっかり行えるため、虫歯などのリスクも軽減できます。

痛み・違和感が少ない

痛み・違和感

マウスピースは薄くて弾力のある素材でできているため、歯茎へしっかりと馴染みます。そのため、一般的な装置に比べて痛みや違和感などを感じにくい設計となっております。

金属アレルギーの心配なし

金属アレルギー

マウスピース型矯正装置インビザラインの素材はポリウレタン製で金属を一切使用しておりません。そのため、金属アレルギーの方でも安心して矯正治療を行えます。

通院回数が少しで済む

通院回数

インビザラインは、患者さまご自身が1~2週間を目安に装置を新しいものへ交換するため、頻繁に通院する必要はありません。1.5~3ヵ月に一度の通院で治療可能です。

歯の移動を3Dで確認できる

専用のソフトを使用して、歯の移動を3D動画で確認することができます。治療後の綺麗な歯並びを確認することによって、矯正治療のモチベーションを高めることができます。

会話に影響が少ない

会話に影響

矯正に使用するマウスピースは、厚さがおよそ0.5㎜と薄いため、通常の矯正装置に比べて装着時の発音や滑舌への影響が少ないと言えます。

幅広い歯列に適応可能

幅広い歯列

歯を大きく動かすような難症例には適応できない場合もありますが、基本的には部分矯正から全顎矯正まで幅広い歯列の改善が可能です。

ケガなどのリスクが低い

ケガなどのリスク

インビザラインは弾力のある素材を使用しているため、転倒や衝突の際にもケガをするリスクを軽減できます。また、いつでも取り外せるため、スポーツの際には安心して楽しんでいただけます。

インビザライン矯正治療に注意点・リスクについて

口腔内3Dスキャナー「iTero」による快適な歯型採取

iTero

武蔵小山KT矯正歯科では、口腔内3Dスキャナー「iTero」を完備しております。歯に光を当てることによって、歯型のデータをスムーズに採取することができます。採取した歯型は、すぐにその場で確認できるため、型ずれのない精度の高い印象が実現します。歯型の採取で一般的に用いられるピンク色のガムのような素材が苦手な方や嘔吐反射がひどい方も快適な治療が可能です。

インビザラインによる歯を抜かない矯正治療について

歯を抜かない矯正治療

矯正治療では、歯を動かすスペースが確保できない場合に歯を抜くことも少なくありません。しかし、健康な歯を抜くと咀嚼効率の低下や将来の咬み合わせに問題が生じる可能性があります。そのため、武蔵小山KT矯正歯科では、以下の2つの方法を駆使することで、できるだけ歯を抜かない「非抜歯矯正」に努めています。

遠心移動によるスペースの確保

歯の遠心移動歯を今ある位置から奥側に少しずつ動かす「遠心移動」によって、歯が綺麗に並ぶスペースを確保します。

遠心移動には、インプラントアンカーやインビザライン矯正が適しているため、歯を抜かずに歯並びや咬み合わせを改善できる可能性が高まります。

IPR法によるスペースの獲得

IPR法歯にはおよそ1㎜~2㎜のエナメル質が存在します。IPR法とは、そのエナメル質を一つの歯から0.2㎜~0.5㎜ずつ削り、歯幅を縮小させることによって矯正治療に必要なスペースを獲得する方法です。

※IPR法は痛みや健康被害はありませんのでご安心ください。

マウスピース型矯正装置インビザラインで適応可能な歯並びの種類

歯並び・咬み合わせの状態にはさまざまな種類があります。マウスピース矯正装置インビザラインで改善が見込める歯並びについてご紹介します。

出っ歯「上顎前突」

出っ歯「上顎前突」

上の歯・上顎が前方へ出ている、または下顎が後退している状態です。口腔内が乾燥しやすく、虫歯や歯周病リスクを高めます。

八重歯「叢生」

八重歯「叢生」

歯がさまざまな方向に生え、歯並びがバラバラで不揃いな状態です。歯磨きがしづらいため、虫歯・歯周病になりやすい傾向があります。

受け口「下顎前突」

受け口「下顎前突」

下の歯・下顎が前方へ出ている、または上顎が後退している状態です。審美障害に加え、前歯での咀嚼が適切に行えないことによる胃腸障害等が懸念されます。

ポカン口「開咬」

ポカン口「開咬」

奥歯が咬み合っている際に前歯部分が閉じない状態です。前歯部分で物を噛むことができないため、胃腸障害を起こしやすい歯列です。また、発音もしづらいのが特徴です。

すきっ歯「空隙歯列」

すきっ歯「空隙歯列」

歯と歯の間が大きく開いている状態です。歯の隙間に食べ物が挟まりやすく、疾患リスクが高いのが特徴です。さらに、歯間から空気が漏れるため、正常な発音がしづらい歯列です。

咬み合わせが深い「過蓋咬合」

咬み合わせが深い「過蓋咬合」

上顎の咬み合わせが深く、下の歯が見えないほど覆い被さる状態です。上顎の歯茎に下の歯が接触するため、損傷しやすくなります。顎への負担も大きく、顎関節症リスクを高めます。

武蔵小山でインビザラインによる矯正治療をご希望の方へ

インビザライン

武蔵小山KT矯正歯科では、目立たない・取り外しができるマウスピース型矯正装置「インビザライン」による歯並び・咬み合わせ改善をおすすめしております。これまで、装置の見た目が気になって矯正治療を諦めていた方にもご好評をいただいております。さらに当院では、患者さまが安心して矯正治療を開始できるよう、無料矯正相談やセカンドオピニオン等も実施しておりますので、武蔵小山にてインビザライン矯正治療ご希望の方はお気軽にご相談ください。

トップへ戻る