受け口の歯科矯正治療例|品川区で歯列矯正なら武蔵小山KT矯正歯科

新型コロナウイルス対策について

  • 土曜日・日曜日診療 (月2回ずつ休日診療)
  • 武蔵小山駅1分
  • 女性歯科医師在籍

マウスピース矯正

お問い合わせ・ご相談

  • 子供矯正/大人矯正
  • 無料相談実施中

03-6426-9688

東京都品川区小山3丁目15-1 武蔵小山ザ モール2階

受け口の歯科矯正治療例

下顎前突(受け口)の症状について

下顎前突(受け口)

下の前歯や下顎が前方に出ていたり、上顎が正常な位置よりも後方に位置している状態が下顎前突(受け口)と呼ばれる歯列です。正常な歯並びでは、上顎が下顎よりも少し前側に出ているため、反対咬合とも呼ばれます。前歯の咬み合わせが機能しないことによる咀嚼効率の低下をはじめ、発音障害や見た目の低下、顎関節への大きな負担などが問題となる状態です。

下顎前突(受け口)の原因

歯並びや咬み合わせの乱れには、さまざまな原因が存在します。下顎前突(受け口)になる主な原因については、以下の3つがございます。

遺伝の影響

遺伝の影響

親族に下顎前突(受け口)の方がいる場合は、下顎が大きい・上顎が小さいなどの骨格的な遺伝が原因で本人もなりやすい傾向があります。

歯の傾き

歯の傾き

顎骨の位置が正常であっても、上の前歯が内側に傾いていたり、下の前歯が前側に傾いていたりなど、歯の傾斜や生える位置によって、下顎前突(受け口)になる場合があります。

幼少期の悪癖・悪習慣

幼少期の悪癖・悪習慣

指しゃぶりや口呼吸をはじめ、下顎を前に突き出したり、舌で下顎の前歯を押したりするなどの成長期の悪癖・悪習慣が原因で下顎前突(受け口)になりやすくなります。

下顎前突(受け口)のリスクのついて

消化器官への負担が大きくなる

前歯が咬み合わないことにより、よく噛まないまま食べ物を飲み込むようになるため、消化器官に大きな負担がかかります。そのため、便秘や慢性的な胃腸障害を引き起こす可能性があります。

顎関節症になりやすい

下顎前突(受け口)は、前歯で物を噛めるように顎をずらしたり、奥歯での咀嚼回数が多くなるため、顎関節や顎の筋肉に大きな負担がかかります。長期的な顎関節への負荷により、将来的な顎関節症リスクが高くなります。

発音や滑舌に支障がでる

下顎前突(受け口)はサ行の発音がしづらく、舌足らずな喋り方になり、うまく滑舌ができない場合があります。英語の発音にも悪影響が生じるため、円滑なコミュニケーションが取れなくなる可能性があります。

下顎前突(受け口)の基本的な治療法

下顎前突(受け口)には、歯の傾斜や位置を整える通常の矯正治療のみで改善できる症例と外科処置が必要となる症例がございます。

歯の傾斜・位置が原因の場合(歯槽性反対咬合)

上顎前歯・下顎前歯の傾斜や位置が問題で生じている歯槽性反対咬合の場合は、通常の矯正治療で歯の傾斜や位置を適切な状態・位置へと正し、歯並びと咬み合わせを改善します。叢生などの症状が複合している場合や抜歯の有無によって、多少の変動はありますが、1年半~2年半が治療期間の目安になります。矯正治療後は、歯の後戻りを防止するため、リテーナーを使用して歯の保定を行います。

骨格的な問題が原因の場合(骨格性反対咬合)

下顎が大きく前方に出ているなど、骨格の位置が問題で生じている骨格性反対咬合の場合には、通常の矯正治療だけでは改善が困難なため、外科処置を伴うことになります。手術前の矯正・外科処置・手術後の矯正という3つのステップで歯並び・咬み合わせの改善を行うため、1年半~3年半が治療期間の目安となります。手術後の矯正が完了しましたら、歯の後戻りを防止するため、リテーナーを使用して歯の保定を行います。

外科処置による矯正治療のメリット

  • 骨格を矯正することにより、歯に大きな負担をかけずに根本的な原因を改善できる。
  • 骨格から改善されるため、顔貌がより綺麗になり、さらに後戻りも軽減される。
  • 外科処置が必要となる症状の場合には保険が適用される。

外科処置による矯正治療のデメリット

  • 全身麻酔を使用した大掛かりな治療で約10日間の入院が必要となります。さらに、術後の経過観察などもあるため、約3~4週間の期間が必要です。
  • 手術の際、神経損傷などのリスクがあり、下唇や顎の先端部の感覚が麻痺する可能性がある。

※上記のように手術に伴う拘束期間が長いため、社会人の方は気軽に治療をできないという問題がありました。しかし、近年では症状によっては外科処置を行わず、インプラント矯正で改善が行えるようになったため、働きながらでも治療が行いやすくなりました。

下顎前突(受け口)の治療例(Before&After)と解説

下顎前突(受け口)の矯正治療例(10代男性・治療期間3ヵ月)

部分矯正の矯正治療例

年齢・性別 10代男性
治療期間 3ヵ月
抜歯 なし
治療費 20万円(税別)
リスク・注意点 ・矯正治療後は保定をしなければ後戻りする可能性がある
・歯の移動に伴う痛みを感じる場合がある など
備考 部分矯正治療、床型矯正装置

10代の男性です。前歯が逆に噛んでいることを気にされて来院されました。分析の結果、部分治療によって前歯を改善するプランと、本格矯正でかみ合わせをさらに改善するプランを提示しました。問題点が前歯部のみに集約していることから前者のプランで治療を行いました。床型矯正装置を用いてかみ合わせを一時的に上げながら装置のスプリング左上の歯を移動させました。状況によってはブラケットやマウスピースを用いずに状況を改善することができます

武蔵小山で受け口の矯正治療をご検討中の方は無料相談へ

受け口の矯正治療

武蔵小山KT矯正歯科では、矯正担当医が受け口(下顎前突)の矯正治療を実施いたします。当院では、患者さまが理解を深め、矯正治療に専念していただけるよう、口腔内写真撮影・レントゲン写真撮影・3Dシミュレーションによる歯の動きの確認を含む矯正無料相談やセカンドオピニオンを実施しております。患者さまに適した装置をはじめ、費用や治療期間についても詳しくご説明いたしますので、武蔵小山にて受け口(下顎前突)の矯正治療をご検討中の方はぜひ、当院までお気軽にご相談ください。

トップへ戻る