矯正治療終了後の保定期間について②|品川区で歯列矯正なら武蔵小山KT矯正歯科

新型コロナウイルス対策について

  • 土曜日・日曜日診療 (月2回ずつ休日診療)
  • 武蔵小山駅1分
  • 女性歯科医師在籍

マウスピース矯正

お問い合わせ・ご相談

  • 子供矯正/大人矯正
  • 無料相談実施中

03-6426-9688

東京都品川区小山3丁目15-1 武蔵小山ザ モール2階

矯正治療終了後の保定期間について②

投稿日:2021年2月22日

カテゴリ:スタッフブログ

矯正治療終了後の保定期間について②

武蔵小山KT矯正歯科のブログをご覧いただき、ありがとうございます。

矯正歯科医の小幡です。

今回は矯正治療が終了したのちに使っていただく、保定装置(リテーナー)の種類についてご説明いたします。

 

リテーナーは大きくわけて2つの種類があり、歯並びやお口の状態によって使用する種類が異なります

 

可撤式リテーナー(ご自身で取り外しできる)

可撤式のリテーナーは取り外しができることが特徴です。外側はワイヤーで歯を抑えながら内側はプラスチックで歯の動きを抑えるタイプ、歯並び全体を透明なマウスピースで覆うタイプがあります。どちらも着脱が面倒なことが難点ですが、食事や歯みがきの時は外します。きれいに歯磨きができるので、清潔な状態を保つことができます。

 

ただ、取り外し可能なので、紛失や破損にお気を付けください。

また使用をさぼると、歯が動いてしまい、リテーナーが入らなくなることもありますので、しっかり指示通りに使用しましょう。

 

固定式リテーナー

固定式タイプのリテーナーは、細い針金を前歯の裏側に接着します。歯の裏側なので正面からは見えず、取外しの面倒もありません。また歯並びのキープ力も高くなります。

ただし、歯の裏側に固定されているので汚れが溜まると歯石になったり、フロスが通せないことが欠点です。

また、万が一部分的に固定が外れてしまったときには、早めの来院が必要になります。

日頃の丁寧な歯磨きや歯間ブラシの使用、歯科医院での定期的なクリーニングやチェックが必要です。

保定期間が面倒だな、と感じる方もいらっしゃるかと思いますが、矯正治療が終了したときにはきっと、このきれいな歯並びをキープしたい!という意欲が湧くはずです。

 

歯並び気になる方、矯正治療をやってみたい方は、まずは当院の無料相談にいらしてみてください。

 

トップへ戻る